2015年04月09日
2015年度「連合長崎寄付講座『現代の労働と労働組合』」開講!

  長崎大学経済学部における「連合長崎寄付講座『現代の労働と労働組合』」が、4月3日のオリエンテーションを皮切りに始まりました。連合長崎としての寄付講座は、今年が2年目の取り組みとなります。

 4月8日には第2回目の講座として、教育文化協会 南雲弘行理事長を講師に「なぜ連合寄付講座を行うのか?」をテーマに講義を行いました。500人を超える学生が受講し、講義の最後には労働組合組織率に関する質疑も出されました。

 今後は、4月15日の連合長崎森会長をはじめ、連合長崎・連合本部役員、長崎労働局、労働委員会使用者側委員、長崎県労福協、労金・全労済などを講師に7月22日までの毎週水曜日(全15回)に開催し、社会人予備軍である学生たちに「働くことの意味」や「労働組合の必要性」などを伝えてまいります。

DSC01639 DSC01647

最近の投稿