2018年07月09日
奨学金問題セミナーを開催します(7/21)

長崎県労働者福祉協議会では2015年度から奨学金制度の改善に向けて「署名活動・給付型奨学金制度の創設等を求めるアピール賛同書」の取り組みを進めてきたところであり、そうした運動の成果により、政府は2017年度予算において「給付型奨学金の創設」が閣議決定され、2018年度からは、住民税非課税世帯のうち1学年2万人を対象に月額2~4万円を給付することになり、私立大の下宿生や児童養護施設出身者等については、2017年度より一部先行実施されています。

しかしながら、今回の給付型奨学金の導入はあくまでも今後の利用者が対象であり、今利用されている方や家族の方には直接関係がないことから、利用中の奨学金の制度内容等を対象者や家族に理解していただく必要があります。

そこで、奨学金制度の利用者の現状、今後利用を予定される方への注意点などについて、下記の要領でセミナーを開催することとしました。

詳細は長崎県労働者福祉協議会 ☎ 095-811-6131にお尋ねください。

 

【長崎県労福協奨学金問題セミナー】

1)日 時 2018年7月21日(土)午後1時30分開会

2)場 所 九州労働金庫 長崎支店 4階 会議室 長崎市川口町4-17

3)内 容

・演題Ⅰ 奨学金の返済負担による多重債務問題

講師:福岡財務局に依頼中

・演題Ⅱ 奨学金制度について

日本学生支援機構・長崎県・長崎市の奨学金制度内容等

講師:事務局より説明

・演題Ⅲ 家計の診断(奨学金借換えハンドブック)

講師:九州労働金庫より説明

・福祉事業団体(全労済より15分)

・質問タイム

 

最近の投稿