2014年07月14日
「アジア・アフリカ支援米」の田植えを県内7地区で行いました

 連合長崎は、アジア・アフリカ支援米運動(当初は「アジア・アフリカ飢餓救済米運動」)として、1996年から秋から「カンパ運動」、1997年からは支援田での取り組みを行い、アジア・アフリカで食料不足で苦しんでいる人たちの支援をしています。

 今年も支援米の田植えを県内7地区(長崎、諌早、島原、佐世保、北松、大東、五島)で行い、あわせて250名を超える組合員や家族が参加しました。このお米は10月頃収穫し、カンパ金により購入予定のお米とあわせ、来春アジア・アフリカへ向け発送する予定です。

田植え (2) IMG_1923

DSC01441 DSC01479

最近の投稿