2014年02月07日
「3・8国際女性デー長崎集会」開催のお知らせ

 3・8国際女性デーは、1857年にニューヨークで起きた工場火災で、多くの女性たちが亡くなったことを受け、3月8日に低賃金・長時間労働に抗議する集会が開かれたことが起源です。
 連合は、1996年から、春季生活闘争の中に国際女性デーの行動を位置づけ行動を展開しており、連合長崎も「3・8国際女性デー長崎集会」を下記の通り開催します。

「3・8国際女性デー長崎集会」
 日  時  2014年3月8日(土) 14:00 ~ 15:30 (13:40受付開始)
 場  所  長崎県勤労福祉会館 2F講堂(長崎市桜町9-6)
 テ ー マ  「マタニティ・ハラスメントについて(仮題)」
 講  師  長崎県労働局雇用均等室 室長補佐 宮﨑 直子 様
 そ の 他  当日は託児所を設置いたします。
 参加申込 各構成組織へお問い合わせ下さい。

【マタニティ・ハラスメントとは?】
 「マタニティハラスメント(マタハラ)」とは、働く女性が妊娠・出産を理由に解雇・雇止めをされることや、妊娠・出産にあたって職場で受ける精神的・ 肉体的なハラスメントです。働く女性にとって悩みとなる「セクハラ」「パワハラ」 に並ぶ3大ハラスメントの1つです。
 連合本部では、職場のマタニティハラスメントをなくすための取り組みとして、「働くみんなのマタハラ手帳」を作成いたしました。

(参考:働くみんなのマタハラ手帳)
働くみんなのマタハラ手帳(PDF)

最近の投稿