2016年03月01日
「連合長崎 非正規・パート労働者支援センター」開設セレモニーを開催しました!

 2016年3月1日10:30~ 「連合長崎 非正規・パート労働者支援センター」開設セレモニーが開催されました。冒頭、連合長崎非正規労働センターの石井委員長は、「昨今、非正規労働者が増大しているが、皆悩みを抱えて働いている。解決の方法を知らない人もたくさんいる。このセンターの開設が、そのように悩んでいる人たちの手助けになればと考えている」と挨拶されました。連合本部からは、山本副事務局長にご臨席いただき、「不本意で非正規労働者になっている人もたくさんいる。連合は、正社員のことだけではなく、非正規の方も含めた、全ての働く人たちの取り組んでいく」と連帯の挨拶をいただきました。

 連合本部非正規労働センターの石田局長から「すべての働く者の処遇改善!底上げ・底支え 格差是正の実現に向けて!」と題して、ご講演いただきました。現在の非正規労働者を取り巻く環境として、「雇用労働者のおよそ4割が非正規労働者」「女性の半数以上は非正規労働者」「非正規労働者の3人に1人が主たる稼ぎ手」「非正規労働者の4人に3人が年収200万円未満」といった事実を説明されました。労働相談の現場では、「仕事を辞めされてもらえない」「残業代を払ってもらえない」など、たくさんの相談が寄せられています。それは、相談者個人の問題ではなく、その職場全体の問題としてとらえ、「処遇改善」や「労働組合の加入・結成」の運動をそれぞれの地域・職場で展開しているという報告がありました。

 この「非正規・パート労働者支援センター」の開催により、長崎・佐世保・諫早・大村・五島の各地区でも窓口が設置されることとなりました。講演のあとは、各地区の看板贈呈式、長崎地区の看板除幕式が行われました。

 連合長崎は、この「非正規・パート労働者支援センター」を通じて、全ての働く者が安心して働き、生活できる社会の実現のために取り組みを進めて行きます。

 

連合長崎非正規労働センター 石井委員長

連合長崎非正規労働センター 石井委員長

 

連合本部 山本副事務局長

連合本部 山本副事務局長

たくさんの方にご参加いただきました

たくさんの方にご参加いただきました

長崎地区センター除幕式

長崎地区センター除幕式

最近の投稿